爽やかなカラーで作る春の綺麗めカジュアルコーデ「SPRING BLUE-SHIRTS STYLE」

01.爽やかカラーで作る綺麗め春コーデ

爽やかな淡いカラーで上下を纏め、端を黒色で締める。 爽やかでありながら、どこか男らしさを感じられる持てコーデ。 女子ウケもいいので、ショッピングや食事のデートにおすすめ。

02.ブルーシャツの重ね着で上級者向けコーデに

色合いの鮮やかなブルーシャツは春っぽさを感じさせる。 アウターには、明るめのオーバーシャツのブルーシャツ、インナー には暗めのブルーシャツで濃淡のコントラストを。サイズ感も 重要なので、上級者の方におすすめ。

03.ホワイトスウェットパンツで遊びを

シャツにジーンズだと普通なので、面白くない。ここはあえて 今時感を出すためにスウェットパンツをチョイス。シャツは キチッとしたイメージになりすぎるので、スェットパンツでラフ 感を演出。色鮮やかなWHTE PARISのパンツは高級感もある。

04.流行りのスクエア型ショルダーバッグを

トレンドを取り入れるのもファッションを楽しむ コツ。小さめのスクエア型のバッグは最近の流行り。 サコッシュタイプは、シャツと相性が○。 デート以外にも使い回しが効くのでおすすめ。

05.レザータイプのバケットハットでラグジュアリーテイストを

バケットハットとシャツは王道として相性○。 通常のコットン製のバケットハットでも良いのだが、 レザータイプの方が高級感が出るので、少しラフ感 が強めなコーデの場合、外しとして使える。

06.シルバーアクセサリーはカジュアル テイストであれば、お洒落度UP

今回のコーデは全体的に綺麗に纏めたいため、 シルバーアクセサリーが無骨すぎると浮いた印象に。 黒のゴムバンドをあしらったアクセサリーであれば、 黒の統一感も生まれるのでポイントとしておすすめ。

07.スニーカーもレザータイプで締める

ハットもレザータイプだったので、スニーカーも 素材感まで拘れると◎。天地を黒とレザーで統一。 シンプルな綺麗めコーデは、みんながしているので、 拘りを見せないと人との差別化が測れない。 一般的なモテコーデと一線を画すコーデに仕上げる。

モデルステータス:

  • 身長: 180cm
  • 胸囲: 85cm
  • ウエスト: 70cm
  • ヒップ: 90cm
  • 靴: 26.5cm

着用アイテム:

  • バケットハット:AGREEMENT
  • インナーシャツ:HAVERSACK
  • アウターシャツ:TESSITURA MONTI 
  • パンツ:ZIP POCKET SWEATPANTS [WH TE PARIS] サイズL
  • バッグ:PRADA
  • シューズ:CONVERSE
  • ブレスレット:COMPOSITE [VITALY]

スタッフ:

  • モデル:KAIO @kaio_0130
  • スタイリスト:君島涼輔
  • 映像カメラマン:タスマン @tasman1.0
  • スチールカメラマン:AYATO. @ayato28

着用商品詳細